リョービ MS-35の修理をやってみたら快適でうれしくなっちゃった!

  • 2018.08.14
  • DIY
リョービ MS-35の修理をやってみたら快適でうれしくなっちゃった!

はじめに

2年ぐらい前にネットで中古のサンダーを買いました。

それがリョービMS-35という色はグリーンのサンダー。中古品を買ったものの流石にリョービ!使いやすかったです。

それまでは安いミニサンダーを使っていました↓これなんですが。

3000円ぐらいするのですが、DIYの初心者だったころで手でヤスリをかけるのも疲れ、安いのでいいから欲しいな~と思って買った物でした。
特に不具合は無かったのですが、やはりヤスる面積が小さいしそのわりに振動が大きく使っててすごく疲れるんですよね。音も大きかったような・・・なので「やっぱりもっと有名なメーカーのちゃんとした物を買えばよかったな・・・」と後悔しだしたんですね。

だけど新たに買うとなると高いしどれを買っていいのか・・・買ってまた後悔するのもいやだし・・・ってことでメルカリに出品されてた中古のリョービMS-35を見てリョービだし、ってことで思わずポチってしまったんです。
送料込で3500円ぐらいだったと思います。

中古はすぐに故障するかも知れない、ということさえ思い浮かばずに有名メーカーモノを買った!という満足感に溺れていました(笑)

今なら中古品を買う時はかなり慎重になってしまうかも知れませんが、当初はちゃんと箱もあるし~おまけに布ヤスリも7枚ぐらい付けてくれてたのでとてもいい買い物だった~と思っていました。

リョービ使ってるうちに壊れてきた・・・

そもそもこのサンダーって何年前のなんだろう?と後から疑問が沸いてきました。

型番を検索すると中古は出てきますが新品はもちろん売ってませんし・・・いつごろの商品なのかさっぱりわかりません。

最初の頃は快適に使っていたのですが、1年ほど経ったころから(使用頻度はそんなに多くないです)使用してる時にガタガタいうようになり、なめらかな動きじゃなくなりました。

動くことは動くのですが・・・ガタガタしますので抵抗もあるし、音も大きくなってきました。

そうこうしてるうちにポロっと何かが落ちてきました。どうやら可動部とモーターとの間のクッションのような物が劣化して割れたみたいなんですね・・・・

気になりながらも、サンダーをかけないわけにもいかず、手でやるのも大変過ぎるので壊れるのに任せて使ってました(汗)

そのたびにポロポロとクッションが割れて落ちてくるのですが。。。。

回を重ねるごとに?ガタガタは最高潮です(汗)しかしクッションは全部で4個付いてますので、なんとかどうにかこうにか動く感じでした。

「もう限界や・・・・買わないとアカン・・・」ネットでサンダーを検索しまくりました。性能がよくて安いのはないか・・・?

やっぱり1万円弱はしますね、買うのにずいぶん悩みました。悩み過ぎて買えなくなってましたw

修理という選択肢はなかったんです、なぜならそうとう古い物だし、メーカーに問い合わせても修理してくれるのか、部品があるのかもわからないし、修理代と往復の送料を考えると新しい物を買う方がいいだろうと思ったからです・・・

しかしそうこうしてるうちにこのサンダーのクッション部分を取り寄せて修理して使ってる方のブログに行きつきました!

これは朗報だわ~!なんだかそのブログ主さんが神様に見えてきました。

その方のブログによると20年ぐらい前?のサンダーらしいです(予想より古かった!)

ホームセンターで部品取り寄せ

部品の名前はパッドシチューチューブ №6083457です。900円

ブログ主さんいわくメーカーに問い合わせても「なにしろ古い物ですから・・・」「見てみないとわからない・・・」と思うような回答が得られなかったようです。メーカー側も「新しいのを買ってくれ」って感じだったんでしょうか。
そうしてるうちにこの部品の品番を知るようになり、ホームセンターで取り寄せて修理することができ、見事使えるようになったそうで。

私はそのおかげで品番を知ることだ出来、本当にラッキーでした。

古いサンダーの見知らぬバーツ。ホームセンターで頼んでもちゃんと取り寄せてくれるのか・・・・次はそれが心配でした。

いつも行くコーナンの受付でシレっと「工具のパーツの注文とかできますか~?」と聞きました。
「そんな古い工具のパーツなんか無理ですよ」と言われて断られるのが内心怖かったのです。

いかにも現行の商品のパーツを頼むがごとくシレっと聞いたのですがw

そんな小細工しなくてもよかったですw
店員さんは「はい、取扱いメーカーで型番さえわかれば可能ですよ」と言ってくれまして。

見事発注し、注文してから3日ぐらいで「入荷」の連絡をもらい手に入れることが出来ました。

ブツを見たときはなんだか嬉しくて涙でそうになりましたよ

支柱チューブ交換方法

サンダーをいじったことがなくて、そんなに電気系得意じゃないしいなぁ・・・出来るかなと少し不安でしたが、自分でやるしかないです。

どこのネジを取ればいいのかわからず、あちこちさわってしまいましたが、どこのネジも硬くてドリルが空回りします><

「え・・・えらいこっちゃ・・・」まさかネジがなめてるのか?こんな所で躓く(つまずく)なんて。

顔をひきつらせつつ、ドリルビットが悪いのかな?と交換してみても空回り・・・・

ダメもとで普通のプラスドライバーで手で回したら・・・・回りました。なんでやねん。

古くて硬いネジは回す力が要るというより押し回しするのがコツだったみたいです。

中は支柱チューブの砕けた粉だらけでした。

全体に硬化してます。完全にちぎれてる物や変形してしまってる物。

これが新しいの。古いのとぜんぜん違う~硬い弾力があります。

交換方法は支柱の所にネジ頭が出てるのですが、そこに載せる感じです。

↓のネジを外すだけで取り替えられます。このネジ4本でパット全体を押さえてるんですね。

このパッドを外した時についでにサンドペーパーの押さえの金具の調節もしとくといいですよ。

私はちょっと押さえが硬かったので緩めたかったのですが、やるのを忘れてしまってw
もう一度ネジを取るのが面倒だったので、我慢しましたが(どんだけ面倒くさがりなんだ)

これで完璧です!

ネジが硬かったことを除けば簡単に交換できました。

無事使えるようになったんかいな?

もちろんこれで普通に使えるようになりました。

音もすごく静かになった気がします~。 スムーズに動くしモーターとかその辺はまだまだ使えそうなので、これからも活躍してくれそうです。

何と言っても高価なサンダーも買わなくて済んだのがお財布に優しかったー。
ここ数か月のサンダーのモヤモヤわずか900円で解決するなんて嘘のようです。

MS-35をお使いの方の参考になれば幸いです。