旦那の話しはムダに長いしこちらの話は聞いてないし。

旦那の話しはムダに長いしこちらの話は聞いてないし。

私はよく旦那を怒らせるんです。

特に多いのが質問しといて、その回答を途中までしか聞かずに席を外すことなどで。

こう聞くと、「そりゃ怒るわな」と思いますよね

でも違うんです、そうじゃないんです、ワタシは悪くないはず・・・・。

例えば野球をテレビで観てて「あれ?なんで次のバッター、ピッチャーやのに梅ちゃんがバントさせられてるの?」(家族は阪神ファン)と質問する。

旦那「それはな!こーで、あーーで、ほんで、こーなるからであって、こーなって・・・・どうたらこうたら、うんぬんかんぬん・・・・」

私「な・・・・長いっ!」(←心の声ね)

そんな時たいがい私は家事をしていて。

何かをしながらふと見たテレビについて話をふっただけなのに、一言二言で答えてくれたらいいものを長々話すから「もうええぇ!って」って思ってしまう。

野球などのルールがあるものについては比較的短い答えが返ってくるからいいものを、他の話だと語り出す率がもっと高くなる。

例を書こうと思ったけど、急に思い出せない・・・あまりにも日常的な会話すぎるからなのか・・・老化現象なのか・・・

脳細胞死滅していってるよね!ぜったい(悲報)

 

↑これは本格的なDJブースで重厚感ある作りなので18万円ぐらいします(汗)こういう立派なテーブルのことではなくて・・・・・

どうやら↑こういうので木製のが欲しかったみたいなんですが・・・・・

 

旦那「お母さん~!これなんかDIYで作れるやろ、作ってよ!」

私「あ? あぁ!どんなヤツ?」

旦那(パソコンで検索しつつ)「ちょっと待ってなぁ~いま探してるから」

私「う・・・うん」

旦那「あー、こんなヤツ」(DJブースにするテーブルを指さし)

私「あー、前から言ってたヤツね。作れるよ、売ってるそのテーブルと同じに作ればいいの?」

旦那「ちょっとこれだと、重たそうやから嫌やねん、もっと軽くて簡単なヤツでええねん」

私「だったらどんなやつよ?」

旦那「ちょっと待ってや~、んーないなぁ~これでもないし、これでもないし」

私「・・・・」(もーー洗濯畳まなアカンのにな~こんな所で油売ってるヒマないねんけどな)←心の声ね

旦那「高さはこんなモンで折りたためて、軽いやつでさ。コードや配線が通せる穴があってやね・・・・」

私「うん、それで・・・・?」(ちょっとイライラ)

旦那「前見てた写真がないねんけど、そんな頑丈じゃなくてええねん、すのこ的な軽いヤツで」

私「ターンテーブルとかレコート的な重たい物を載せるのにスノコじゃ、アカンと思うよ、強度がさぁ」(いらいらしてきた・・・)

旦那「重たい木のはイランねん!車に積んだり持ち運びが重たいやん! スノコぐらいのヤツがちょうどええねん、それか合板的なやつでええねん」

私(いやいや・・・・合板やったら結構重たいけど・・・)「・・・・」

旦那「なんしかこれぐらいの高さで・・・(写真を探す)ないなー・・・」

私(ラチがアカンわ・・・)「じゃあさ!簡単な設計図を書いてよ、適当でええからさ!それ見たらその通りに作れると思うし、希望を書いてくれたら近い物を作れると思うからさ」

旦那「うーーーん」気乗りしない感じ

私「ちょっと洗濯畳んでくるわ」

旦那「ちょっ!ちょっと待ってや!まだ言うてる途中やのに」

私「・・・・・」(ええーーもぉーーー)

旦那「こんなんでええねん、結局(キャンプに持って行くようなテーブルの写真を指差し)」

私「ええーー?これやったら全く最初言うてたのとちゃうやん」

旦那「持ち運べるかが問題やねん、折りたためないと」

私「そう・・・・じゃぁ、それをもっと高さを高くした感じ?」

旦那「うーーーん・・・・・」

私「だいたい言いたいことはわかるよ・・・DJブースやろ」

旦那「うーーん、買ったらこんなしょーもないヤツでも2万ぐらいするからさ」

私「わかる、わかる、そら高いわ!簡単に作れそうやもん」

旦那「これかな・・・・これでもないし・・・・、前の写真どれやったかな・・・」

時間だけが経過する

私「だから設計図書いてよ、メモ書きみたいなヤツでいいからさ」

旦那「うーん・・・・わかった・・・(声小っちゃ!)

私(これはやる気ないなぁ・・・・)
「ところで、このテーブル作って、DJでもやる予定があるのん?」

旦那「・・・ないよ!」

私(なんじゃそりゃ!!)心の声

いったいなんやってん、この長い時間のやりとりは・・・・(長く感じただけ?)

結局話長いだけで、結論出ず。いまだに設計図も書いて出してけーへんし。

っていうか冷やかしか!?

結構長い会話やったけど・・・

立って話聞いてたら疲れたもん。

またフッてみようかしらん、DJブースの話、また延々と話続くんやろうなぁ~
恐いもの見たさ?

今回は私に作って欲しいという依頼の気持ちがあるので、そう一人よがりな話のやり取りではなかったけれど、これが旦那の高校生時代の話をたまたま聞いた、とかなると語り出して止まれへん。

語ることで自分に酔ってるふしがあるから、人の意見を挟む余地を与えてないし、そもそも意見なんか聞きたくもないやろうしね。

オレのオレの話を聞けぇ~~♪って感じで、その割には何回も聞いた話であったり、そんな武勇伝みたいなん聞きたくもないってヤツで。

「そんな関係ない話まで聞くつもりなかってんけどなぁ・・・・・」と後悔する羽目になる。

そりゃ、話の途中でトイレに行ったり、用事思い出してうろうろしてしまうわ!

話の途中で席を立った私の悪口を長男に言うの、やめてほしい(苦笑)

話長くて結局なんの話やったんか、わからんようになるって嫌やね。

それやのに、私がした肝心な話は聞こえてなかったり、聞く気がないのか返事ないしね。

せやけどちょっと違うけど、年いったら同じ話ばかり言ってしまったりするし、私も気を付けないとー。