ブラインドクリーナーは100均で充分?面倒なブラインドの掃除が楽々きれいに!

ブラインドクリーナーは100均で充分?面倒なブラインドの掃除が楽々きれいに!

 

キャンドゥのブラインドクリーナーでブラインドを掃除してみました。

100均をブラブラするのが好きです。
今日は使い捨ての容器を買いに行こうと、いつも「それだけ買おう!」と
心に決めて行くのですが、あれもこれもと気が付けば手にいろんな物を持っていたりします(苦笑)
挙句の果て、カゴを取りに行って買い物をすることもしばしば。

そんな甲斐あって?今日はこんな物を見つけました。

ブラインドクリーナー(テッテレッテー♪)

前から売ってたんでしょうが、見たことなかったです。

そういえばキッチンのブラインドが汚れていたので、ちょうどいいじゃないの、ということで即買い。

どんな構造になってるの?

ハンドル部分はポリプロピレン製、日本製です。
バネとかが入ってるわけではなく、ポリプロピレンの素材の力というか、弾力で挟むことができる仕様です。

クリーナーはポリエステル80%、ナイロン20%のマイクロファイバーが使われてる、ふわっとしたクリーナーです。中国製です。

2列同時両面を掃除できるのが特徴です。

ブラインドの掃除ってどうしてこう面倒なんだろう。

ブラインドって薄くてペラーんとしていて、ほこりが溜まってるし、おまけに両面あるし。
しかも枚数、多っ!!
それはそれは、なかなかやる気が起きないもので。

私の家のブラインドは台所の正面にあり、シンクの前からコンロの方まで、だいたい70㎝幅のが2枚付いていて面積広くて面倒くさい。

家は狭いが台所の窓を面積広く取ってあるのが、いいような悪いような。

しかもコンロから油汚れが飛んでくるので、ベタついていて、サッとクイックルワイパーなどで拭っても拭い(ぬぐい)きれず、石鹸水や、セスキ炭酸ソーダ水を振りかけて、雑巾で一枚一枚挟んで掃除しないければならず、とーーーっても邪魔くさい。

だんだん掃除の頻度も落ちていき、次第に汚れが溜まってしまう。

ともかくブラインドの掃除をしていきます。

まずビフォーです

うっすら埃がたまっています。逆光なので上手く表現できませんが
取れやすそうで取れにくい汚れです。

雑巾などで拭くとモロモロと埃が固まり、またへばり付いたりして、すっきり取れません。

差し込みます。

グッと挟んで、スライドしていきます。

マイクロファイバーなので、普通の雑巾よりは埃が取れやすいかも知れません。

油汚れもあるので、セスキ水を振りかけて、汚れを浮き上がらせています。

このブラインドの端の方は固定してある紐までの間、20㎝弱の狭い所なのに、挟まないといけないのは、なんだか面倒です。右手で固定して左手でスライドしていかないといけないので、利き手でないので、やりにくいですね。

半分ぐらい拭いたところです。だいぶん汚れが付着してます。

何度か洗ってキツク絞らないといけません。

絞り方が緩いと、水がベタベタして拭きやすいけど、拭いた跡形が残るのでダメですね、しっかり絞った方がいいです

やっと出来ました!綺麗になりました。

見えにくいですが、アフターです。

つるっとしています。慌てて時短で掃除したわりには綺麗になっています。

油汚れのところはセスキが効いてますね~。

 

使用感はどうだったか?

2枚ずつ挟めるので、雑巾で1枚ずつ拭くことを考えると半分の時間で拭けます。雑巾だと無理に引っ張って、間をガっと広げて拭いたりして、ブラインドを傷めてしまうことがあるけど、これならそれがないです。

力加減はそこそこ押さえる力を加えないと両面きっちりと拭けませんが、汚れが酷くなければ、撫でるような感じでスッスと挟んでスライドすれば、軽い力で汚れが落ちると思います。

無くても掃除できるけど、あったら便利。

これがあったら「2枚同時に拭けるし、おまけに両面拭けるから楽だわ!」と思えるので、掃除する気になれる。←これは案外大きいかも知れない。

なかなかやる気が出ず、台所に立つたびに埃を見ては、見なかったことにしていたのは精神衛生上良く無いけど、「簡単にできるわ」と思うと使用頻度も増えるかも知れない。なんなら、目に付くところにこのブラインドクリーナーをぶら下げておけば、「あ、そろそろやらねば」となるかも。

何しろ108円ですもんね。

ブラインドのお掃除の時はぜひ試してみてくださいね。